中洲高級ソープ一覧

  • エンブレイス
  • 092-262-5877
  • 10:00~LAST
  • 中洲屈指の人気高級ソープ 期待以上の満足を味わえる - 店内は高級感と清潔感に溢れており貴方の期待をたかぶらせてくれます。キャストの質も抜群なので絶対満足です。

  • エンブレイスプラチナム
  • 092-282-5537
  • 9:00~LAST
  • 最強ブランドの2号店 予約必須の美女揃い高級ソープ - エンブレイスの2号店としてオープンした同店。ラグジュアリーなおもてなしで120%以上の興奮が待っています。

高級店ガイド 全国トップに戻る

中洲について

九州最大の繁華街、川と川に挟まれた楽園
ManMan中洲ビルManMan中洲ビル

東京・歌舞伎町、大阪・ミナミ、札幌・すすきのと並ぶ、国内有数にして九州最大の歓楽街といえば福岡の「中洲(なかす)」でしょう。

那珂川と博多川に挟まれた1キロ程度の小さな陸地に約3500軒の飲食店がひしめき、週末の夜ともなれば福岡中から大勢の人が訪れ、きらめくネオン街に人があふれます。その中洲の中で、国体道路の南側、中洲1丁目周辺の南新地地区にあるのが中洲のソープ街です。

「中洲」という街が誕生したのは今から400年以上前のことで、西暦1600年に黒田長政が福岡城を築城した際に、博多の街と城をつなぐために那珂川と博多川に挟まれた陸地に橋をかけたのがはじまりだと言われています。
その後、江戸時代後期に福岡藩の財政立て直しの一環として中洲一帯を歓楽街とする施策が行われたことから、歓楽街としての中洲の歴史ははじまります。当時は茶屋や芝居小屋が立ち並び、江戸から歌舞伎役者が招かれるなど、大賑わいでした。

そういった歴史を辿る地域であるため、中洲のソープ街は、吉原のように遊郭街としてのルーツを持つ街ではなく、近代になってつくられた新しいソープ街だといえます。

中洲の高級ソープはビルの1フロアにも
エントランス©アルバトロスエントランス©アルバトロス

そんな中洲のソープ街の特長のひとつが、基本的にひとつの建物の中で1軒の店が営業を行っている他の多くのソープ街とは異なり、近代的なビルの中の1フロアを使って営業しているソープがあることではないでしょうか。
そしてもうひとつが、プレイ時間によっては総額8万円以上にもなる高級店が多数あるということでしょう。

数ある風俗の中で“王様”とも称されるソープの中でも最上級である高級ソープの特長は、プレイの内容だけではありません。まず、店内に足を踏み入れると、歴史あるホテルや高級クラブのように重厚な雰囲気のエントランスが出迎えてくれます。

そして待合室に通されると、パネルを見ながらコンパニオンやプレイ時間を選ぶ間、ボーイのスタッフは丁寧にひざまずいて接客をします。
すべての客に対してVIPのように扱うその接客は、他の多くの風俗での遊びに慣れていると、ともすればその丁寧な接客に多少の居心地の悪さを感じてしまうかもしれませんが、悪い気がすることはないでしょうし、何より安心して遊ぶことができるでしょう。

サービス尽くしの老舗高級ソープ
プレイルーム ©グランドオペラプレイルーム ©グランドオペラ

もちろん、お風呂付きの広々としたルームに通されてからの、実際のプレイでも「高級」の意味を存分に感じることができます。

まずはソファに座って他愛のない会話を楽しみ、雰囲気ができあがるとおもむろにキス、リップ、即尺、と、流れるようなサービスを受けます。
そしてそのままベッドで一回戦を始めるか、お風呂に入って潜望鏡などを楽しむか、スケベ椅子に座ってボディ洗いを楽しむか、ローションが快感を増幅させるマットプレイを楽しむか。
店やコンパニオン、客の好みで流れは変わりますが、ほとんどの高級ソープでそのすべてを余すことなく味わうことができます。

これ以上を考えられないほどのサービスの幅と質が高級ソープの醍醐味です。
そういった高級ソープが中洲エリアには特に多く、中には創業30年以上の老舗店もあるため、質の高いコンパニオンによる最高のサービスを味わいたいなら、このエリアに足を運ぶのがおすすめです。

九州地方はもちろんのこと、東京や大阪といったソープ街のある街にもその噂を轟かせる中洲の高級ソープの魅力。一度訪れれば誰もが目の当たりにできるはずです。

中洲ソープ街の地図を見る

PAGE TOP